出会い

妊活のための婦人科検診

妊活のため婦人科検診に行かれる場合、貴女ならどこのどんな病院を選択しますか。
ましてや婦人科検診の経験が少なすぎて、迷われることもあるかと思います。
そんな時は、ご近所の同年代で出産経験のある方に相談されることも大切です。
ここでは、妊活(妊娠前)に入られてからのことを基準に参考になればと思い作成しました。

婦人科で検診を受けられる時は、少なくても3か月程度前からの基礎体温を測定して記録し続けることが大切です。
できれば月経の始まりと終わりが併記されたものにされると、医師の診察判断がスムースになると思います。
それ以外には、貴女の両親やその祖父母、ご兄弟に遺伝性の疾患があったか否かとか、貴女自身過去にどのような病気を何歳頃にかかったかなども調べておいてください。
これは、婦人科の受付で「問診票」を渡されますので、その時に記入する内容です。
これが終われば、医師による問診が始まり、問診票に記入された内容の確認などをした後、内診に入ります。
内診では膣内の組織を一部切除し、検査をします。
次に、貴方自身がかかった過去の病気に関し、今後必要とされるデーターを収集します。
最後に血液採取を行いこれも検査し、異常の有無を調べます。

妊活開始時の検診については、上記のような内容になります。
貴女自身は、何時妊娠しても大丈夫であるように、必要な栄養素を含む食事や適度の運動をして、その日に備えてください。